読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

探偵家族 -マイケル・Z・リューイン 田口俊樹訳

親子三代で探偵業を営むルンギ一家は、相変わらずの超多忙。今日も美人の依頼人が駆け込んでくる。聞けば、ポケベルを使って脅迫されていると言うではないか。数字しか表示できないポケベルで、いったいどうやって?一家の次男アンジェロ夫婦の名推理が冴える(かも)。お洒落なブティックの店先を襲う謎の女性集団の事件あり、孫娘マリーも警察のご厄介になったりと事件の連続。そして一家のリーダー親爺さんは、発掘された白骨の謎という、本格的な殺人事件(ただし十年前の)に挑戦!ほのぼのと楽しい探偵一家のユーモアあふれる大活躍。(amazonより引用)

淡々とした、ハードボイルドな筆致でユーモアミステリを書くとこんなに面白いとは!複数の視点が入り交じるので最初こそ取っつきにくいけど、おおよその人と名前が一致すれば後はすらすらと読める、平易な文体。いくつかの事件が起きているわけだけど、そのどれもが絡む訳でなく、しかし、緩く絡んで物語を駆動する歯車になっていて、その辺りかなりの技術を感じる。

一人一人の個性もたっていて、こんなに面白い。殺人事件も(実質)起きないし、探偵家族がそれぞれ好き勝手動く群像劇が良い。

今年最後にふさわしい傑作だった。