読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

Rのつく月には気をつけよう -石持浅海

湯浅夏美と長江高明、熊井渚の三人は、大学時代からの飲み仲間。毎回うまい酒においしい肴は当たり前。そこに誰かが連れてくるゲストは、定番の飲み会にアクセントをつける格好のネタ元だ。今晩もほら、気持ちよく酔いもまわり口が軽くなった頃、盛り上がるのはなんといっても恋愛話で…。ミステリーファン注目の著者が贈る傑作グルメ・ミステリー。

石持流の「推測を楽しむ」短編集。お酒を飲みながら適当に話を聞く。そこで起きた不思議な出来事を探偵役が推測する。こんな流れなので結構推理、推測?は適当。大胆すぎる飛躍や決めつけもあるけれど、そこから面白い結果が出てくれば問題ないでしょう。

それよりもキャラクターが弱いのが気になった。探偵役の長江も語り手の湯浅もみんなキャラクターが見えてこない。ゲストの話を聞いて推理する、という流れのため聞き手の3人の個性を出す場が少ないのは仕様がないにしても、それでもやりようはなかったかなぁ。

全体に小ネタばかりなのも残念。期待はずれ。