最後から二番目の真実

主にミステリの感想

夜の欧羅巴 -井上雅彦

宮島レイ、12歳。母親は有名な吸血鬼画家、ミラルカ。ふたりきりの生活だけれど、仲良く幸せに暮らしていた。ところが、ミラルカは彼の前から忽然と姿を消してしまった…。そんなある日、3人の刑事が彼女の消息を尋ねにやってくる。とある殺人現場に、彼女の絵の切れ端が落ちていたという。なんと、国際的な陰謀に捲きこまれたかも知れない!母さんはヨーロッパに?助け出せるのはぼくだけだ!ところが、レイに残されたのは、たった一冊の幻の画集。鍵を握るのは、不思議な少女。異国への旅に踏み切るレイを、追ってくるのは国際警察?それとも闇の異形たち?妖しくも美しい国から国へ、スリルとホラーとサスペンスの冒険がはじまる…。(amazonより引用)

子供の頃に読んだ妖しくも華麗な冒険活劇。そんな思い出を想起させる美しい物語。これは大人が読んで楽しむための一冊だな、と感じる。

大人には入ることすら出来ない路地裏、そこからつながる欧羅巴。恐ろしい怪物に格好いい助っ人。幻想的な雰囲気はやはり井上雅彦氏らしく美しい。子供の視線だと世界は広く、大きく高い。そんな事を思い出させてくれる物語。

最終的に話が落ち切れていない、尻切れトンボなのも結構好み。子供の頃に読んだ本って結局最後どうなったのかうろ覚えなんだよね、そんな感覚がやっぱり楽しい。