読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

Men's Precious 2011年07月号

こだわる男のモノ語りマガジン
時代や流行に流されることのない、往年の“かっこいい男達”の生き様 そんなこだわる男たちが愛した“かっこいいモノ”の数々。ファッションから旅、食、酒まで、男心を熱くしてくれる魅惑のワールドへ!
1 表紙撮影 中込一賀 モデル Yaron
2 極めよ! 知的でラグジュアリーな“ビアリッツ流”夏の正統休日スタイル
Go to Biarritz!
3 2大注目アイテム「エスパドリーユ」と「リッチショーツ」が決め手
ビアリッツ流”リゾートスタイルは知的で洒脱でラグジュアリー!
ほか(amazonより引用)

キャッチコピーの「こだわる男のモノ語りマガジン」の名の通り、蘊蓄の多いファッション雑誌。たぶんターゲットとしている年齢層は40〜50代の男性だと思うが、読んでて結構面白い。

やはり「モノ語り」があるから靴一足に「おーこんなコダワリがあるのか」と驚いたり、「あのブランドにこんな歴史があったのか」と楽しめる。

外人の無駄に格好いい写真は参考にしたいが、顔面と身長、体型を鑑みるとまねできそうな人はほとんどいないのが残念。いてもターゲット層の人が買う値段なので若造には高い。けど読んでて楽しいというのは雑誌としてとても正解だと思う。

結構好きだよ。