最後から二番目の真実

主にミステリの感想

システィーナ・スカル -柄刀一

絵画修復士として修業に励む若き日の御倉瞬介が出遭う、不可思議な事件。
フィレンツェを舞台にフレスコ画に秘められた奇想をたどる謎の物語……。

ひとは「民族の誇り」「愛の証し」「創造への情熱」を何に託して死んでいくのか?
ボッティチェリ婚礼祝いに描いた一連の残虐画が意味するものとは何か、そして、なぞらえられた異様な儀式とは?
ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂に描いた壮大な天井画の秘密と、欠落した骨の謎とは?
佐伯祐三がパリで経験した悲劇とシンクロするような運命の画家が、命懸けで描き残した絵にこめたものとは?

美の天才たちがたどりついた境地を透かし見、謎が謎をよぶ本格ミステリーの仕掛けで綴る
「生と死」の物語は、凝縮された密度の極上の推理劇であり、その余白に浮き上がる光景の
清澄感が感動をもたらす人間ドラマでもある。驚愕の柄刀美術ミステリー、シリーズ第3弾。
書き下ろしをふくむ4編の中編集。(amazonより引用)

ロマンティストなわりにキッチリと説明してしまい、自らロマンをぶち壊す事もある柄刀氏だが、アリア系銀河鉄道のシリーズとこの「絵画修復士」シリーズはその幻想を綺麗に見せてくれる好シリーズではないだろうか。

一つの絵には物語が有り、その結果として一枚の絵画が生まれる。そういった言われてみれば当たり前の事を美しく描き出す筆致と幻想的な謎、そしてその幻想を美しく解体する論理。どれも素晴らしく柄刀氏の持つ良さが余すところなく出ている。

ボッティチェリの話が一番面白かったなぁ。