読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

僕僕先生 -仁木英之

時は唐代。若き王弁は父の財産に寄りかかり、学ばず、働かず、娶らず、ひたすら安逸を貪っていた。そんなある日、父の命で黄土山へと出かけた王弁は、そこでひとりの美少女と出会う。自らを僕僕と名乗るその少女、なんと何千何万年も生き続ける仙人で…不老不死にも飽きた辛辣な美少女仙人と、まだ生きる意味を知らない弱気な道楽青年が、五色の雲と駿馬を走らせ天地陰陽を大冒険。第18回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。(amazonより引用)

自分と同じ信州大学出身ということで気になっていた作品。信大生協の「信大出身作家キャンペーン」で購入して積んでいた物を崩し読み。ちなみに我らが先輩黒田研二氏は無視されていました。泣ける。

そんなことは置いておいて、この作品は中国講談風のさらりとした文章が展開の速さとともにぐいぐい読ませる。出てくる人物がどこの誰でも、ストーリーを進ませる鍵でしかない、といった割り切りが読んでいて爽快感を持たせてくれる。しかもストーリー的には現代的な「軟弱な男を強気な女がひっぱる」話でいかにも軽い。そして軽いが故に話に深みを持たせるのではなく、風景の美しさ、奇妙な物語りを語る不思議さが上手く演出されている。

強気で何でもできそうな僕僕先生とやるきの無さが半端ではない(でも、やれば出来るというのがご都合的で面白い)主人公、二人の珍道中が面白い。

良作