最後から二番目の真実

主にミステリの感想

PEAKS 11年8月号 & ワンダーフォーゲル 11年8月号


最近山歩きにはまっている。1泊2日のテント泊、なんてことはしない日帰り「山歩き」ばかり。始めたばかりなので山頂を目指すというより、文字通り山を駆け回って遊ぶ。そんなときは「そろそろテント持って歩いた方が楽しいんじゃないか」と思ったりもするわけで。

PEAKS 8月号はそんな気にさせてくれる「テント泊」企画。やっぱりやりたくなるよね。テントを持つだけで遊びに幅が出てきそう。小旅行でも車にテント積んどけばやりたい放題出来るしなぁ。

一方ワンダーフォーゲルは「ロングトレイル」企画。Amazonではやたら辛口だけど、正直6泊7日でロングトレイルを語られたらまぁ自分には無理です。やっぱ2泊3日くらいのやつから、で。というか登山を趣味としない人から見て「1泊」を超える山旅は十分ロングトレイルな気がします。(じつはロングトレイルは定義上5泊以上しないといけない、とかないですよね)

どちらも山の楽しさを教えてくれる、面白い雑誌でした。