最後から二番目の真実

主にミステリの感想

夜中に犬に起こった奇妙な事件 -マーク・ハッドン 小尾芙佐訳

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time is a murder mystery novel like no other. The detective, and narrator, is Christopher Boone. Christopher is fifteen and has Asperger's, a form of autism. He knows a very great deal about maths and very little about human beings. He loves lists, patterns and the truth. He hates the colours yellow and brown and being touched. He has never gone further than the end of the road on his own, but when he finds a neighbour's dog murdered he sets out on a terrifying journey which will turn his whole world upside down(amazonより引用)

向かいの犬が殺された、自閉症の主人公クリストファーは犯人捜しを始めて……、といったあらすじだけ見ると少年向けの児童小説のようだが、結構鋭い視点で世間を描いているスカ宇品でもある。

自閉症であるが故にキッチリとした見方しか出来ないクリストファーと怒りっぽいけど優しい父、死んだと聞かされていた自己中心的だが子供思い出もある母、三者の気持ちが直截的に描かれ何とも言えない気持ちになる。

旅に出るクリストファーの心情は「スタンド・バイ・ミー」のようだし、何とも言いようのない優しい気持ちになれる作品。

章が2,3,5,7と素数で書かれていたり、目的地にたどり着くためにひたすら左回りで歩いたり、独特な行動は主人公に対する読者の興味を持続させるには十分。

いや面白い。