読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

インディアン・サマー騒動記 -沢村浩輔

「もしかして俺たち―遭難してるのかな」「遭難と決めるのはまだ早い。要は気の持ちようだ」軽い気持ちで登った山で道に迷い、その夜無人駅に泊まる羽目に陥った大学生・佐倉とその友人・高瀬は、廃屋と思い込んでいた駅前の建物“三上理髪店”に深夜明かりが灯っているのを目撃する。好奇心に駆られた高瀬は佐倉が止めるのも聞かず、理髪店のドアを開けてしまう。そこには…第四回ミステリーズ!新人賞受賞作の「夜の床屋」ほか、子供たちを引率して廃工場を探索することになった佐倉が巻き込まれる、真夏の奇妙な陰謀劇「ドッペルゲンガーを捜しにいこう」など全七編。“日常の謎”に端を発しながら予期せぬ結末が用意された、不可思議でチャーミングな連作短編集。(amazonより引用)

結構感想が難しい。受賞作でタイトルの「インディアン・サマー騒動記」から改題になった「夜の床屋」からまさか○○が絡むファンタジックな話に着地するとは……

何となく「夜の床屋」、「『眠り姫』を売る男」の2つをつなげるために他の作品を作っていったような気がするなぁ。

一つ一つの短編のトリックの処理は良い感じ。話そのものも結構面白い。ただ、「ここは最後の短編のためにとっておこう」という謎があからさまに残っているのは残念だった。異様にタフな犯人をそのままにしておくのは気になりすぎる。

とはいえ、アクロバティックな論理(夜中に営業する床屋、うーん旅情があふれてるなぁ)が楽しめる佳作。

本当、展開にビックリ。