最後から二番目の真実

主にミステリの感想

沙蘭の迷路 -ロバート・ファン・ヒューリック 和爾桃子訳

新たな任地・蘭坊へ赴任するディー判事。到着寸前に追いはぎの襲撃を受けたのは、多難な前途を予告していたのか。はたせるかな、蘭坊の政庁は腐敗し、地元豪族が町を支配していた。さっそく治安回復に乗りだす判事だが、事件はそれだけではない。引退した老将軍が密室で変死、とりたてた巡査長の娘は失踪するなど、次々に難事件が襲いくる。なかでも元長官が遺した一幅の画と、別荘に作られた迷路に秘められた謎は、判事の頭脳を大いに悩ませる! 記念すべきディー判事シリーズ第1作を、松本清張江戸川乱歩の名文とともに、最新訳で贈る決定版(amazonより引用)

第1作のはずだが、これは凄い。政庁の役人を豪族が支配する中赴任し、ばったばったと問題を解決していき、果ては密室事件に失踪事件を解いて、迷路の謎を解きほぐす。一つの長編の中にいくつものアイデアが詰まり、その濃度の高さにほれぼれする。

ミステリ的には最初の豪族退治が非常にあっさりと解決し、正直不満なところから密室殺人事件に美女の失踪事件とミステリ的な小道具が出てくるのが結構面白い。判事としては豪族支配の法が頭を悩ますはずなのに、豪族問題を解決する前から過去の未解決事件に興味を抱く、なんて変わった判事と言ったところ。

ミステリの典型的な小道具をあまり使わないディー判事シリーズだけども、この1作目はやはりミステリらしく密室を出したのかなぁ。うーん、こういった「いかにも」な道具とディー判事は今から読むとミスマッチな感じがする。

話としては今回もキッチリした勧善懲悪、悪は滅び罰を受ける、といった風で特筆すべき所はない。つまり定番の面白さがある。

いや良かった。