読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

ストラング先生の謎解き講義 -ウィリアム・ブリテン著 森英俊編集

ストラング先生の謎解き講義 (論創海外ミステリ)

ストラング先生の謎解き講義 (論創海外ミステリ)

>>

オルダーショット高校の老教師にして、素人探偵のストラング先生。生徒にかかった疑いを晴らしたり、卒業生の刑事に協力したり、退屈しのぎに謎を解いたり、はたまた自分が逮捕されてしまったり…。『ジョン・ディクスン・カーを読んだ男』のブリテンが贈る、エラリー・クイーン顔負けの緻密な推理が展開される“名探偵ストラング先生”シリーズ傑作集、全14編。 

<< 

 

良い先生だった。表紙と「謎解き講義」 という題から何となく、近寄りがたい先生が講義然として謎解きをする安楽椅子探偵モノかと思いきや、結構金八先生チックな要素もあるミステリだった。

 

まず、ストラング先生が生徒思い。当たり前だけど、先生を探偵役に据えた作品をイマイチ思い出せず、余り生徒との交流を書くモノではない、という思い込みを持っていたためまずここでやられた。生徒の無実を晴らすために動き回ったり、本当にいい先生だなぁ。

 

ミステリとしても「消えた凶器」を扱った短編2編がツイストの効いた隠し場所で面白い。中なかやね