読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

魔術王事件 -二階堂黎人

魔術王事件 (講談社ノベルス)

魔術王事件 (講談社ノベルス)

>>

笑う黄金仮面《魔術王》vs.美貌の名探偵《二階堂蘭子
呪われし血筋と宝石を巡る、数奇な殺人事件の結末は!?
 時は昭和40年代、所は北海道・函館。呪われた家宝として、名家・宝生家に伝わる《炎の目》《白い牙》《黒の心》。この妖美な宝石の奪略を目論み、宝生家の人間たちを執拗なまでに恐怖へと引き摺り込む、世紀の大犯罪者《魔術王》。密室殺人、死体消失、大量猟奇殺人……。名探偵・二階堂蘭子が、冷静沈着かつ美的な推理で偽りの黄金仮面に隠された真犯人に挑む! 

<< 

 

うーん、こいつは正直すぎるトリックじゃないか?犯人もトリックも素直すぎる。二階堂氏の別の作品なら捨てに使う話だよ。

 

少年探偵団テイストな秘宝に少年探偵団テイストなストーリー。懐かしくも楽しい展開ではあるけど、これじゃない感は正直ある。密室も死体消失も、みんなどこかで見たような物ばかり。

 

うーん。残念だなぁ。