最後から二番目の真実

主にミステリの感想

心臓と左手 座間味っくんの推理 -石持浅海

 

心臓と左手―座間味くんの推理 (光文社文庫)

心臓と左手―座間味くんの推理 (光文社文庫)

>> 

小学校六年生の玉城聖子は、十一年前に沖縄で起こったハイジャック事件の人質だった。従姉の勧めで沖縄にある進学校を見学に行った聖子は、那覇空港で命の恩人と「再会」を果たす。そこで明かされる思わぬ事実とは―?(「再会」)。警視庁の大迫警視が、あのハイジャック事件で知り合った“座間味くん”と酒を酌み交わすとき、終わったはずの事件はがらりと姿を変える。これが、本格ミステリの快楽だ!切れ味抜群の七編を収録。

<< 

 

石持氏の持ち味は何か、日常から非日常への緩やかですらりとしたジャンプにあるのではないか?現実と 同じ理屈で動く、少し違う世界。これこそ氏の魅力ではないか。とこの作品を読んで思った。

 

何せ警察の語る真相は別に不自然ではないのだ。それで決着をつけても問題ない。しかし、座間味くんにかかればそこには裏の意味があり、美しい物は醜く、残酷な物は力強く、本質的な部分は変えずに少しだけ位相をずらす。

 

「再会」の少女は今後、力強く生きるのだろう。父親の姿は変わらなくとも、見る物の意思で姿は変わる。尊敬する父親、だらしない父親、座間味くんの語る父親。どれも違わない少しづつ見る位相が違うだけ。しかしそれこそミステリ的なのかもしれないね。