最後から二番目の真実

主にミステリの感想

大きな森の小さな密室 -小林泰三

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

大きな森の小さな密室 (創元推理文庫)

>>

会社の書類を届けにきただけなのに。森の奥深くの別荘で幸子が巻き込まれたのは密室殺人だった。閉ざされた扉の奥で無惨に殺された別荘の主人、それぞれ被害者とトラブルを抱えた、一癖も二癖もある六人の客。名探偵は幸子、ではなく偏屈な老人?! ……表題作をはじめ、死亡推定時期は150万年前! 抱腹絶倒の「更新世の殺人」など7編を収録。ミステリお馴染みの「お題」を一筋縄ではいかない探偵たちが解く連作集。(単行本版タイトル『モザイク事件帳』を文庫化・改題) (amazonより引用)

<< 

 

全ての作品が一ひねりされていて、想像通りの展開や結末のモノが無いって凄いね。

 表題作の「大きな森の小さな密室」はまず設定が無茶苦茶。交通が不便とかそういうレベルではない場所で密室殺人って。でもトリック自体は真っ当。ギャップがいいね。

 

一番面白いのは「更新世の殺人」。別の短編で探偵をやった人がひたすらその展開はおかしいと言い続けているのに、無茶苦茶なトリック、状態が真っ当とされるのはいい。「神の手」の考古学者を連想させる人物がいて、その人が言うことがどんなに無茶でも真実とされて、その状態で推理するなんて。

 

いや笑わせていただきました。面白い。