読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

4000年のアリバイ回廊 -柄刀一

4000年のアリバイ回廊

4000年のアリバイ回廊

>>

 室戸沖千メートルの深海で男の他殺体が発見された。被害者は、日本中が注目する縄文遺跡“高千穂ポンペイ”の発掘主任。発掘現場には当初、産廃処理施設の建設が予定されていたことから、その方面でのトラブルが殺人の動機と疑われるが……。
 一方、遺跡からも説明のつかない不可思議な発見が――。
 現代の謎(ミステリ)と古代の謎(ミステリ)が交錯する壮大な“魂の物語”!

<<

 デビュー当時からマジメだった柄刀氏。今回も室戸沖で発見された不思議な死体と4000年前の死体と殺人者らしき人物。ロマンにあふれた作品だと思う。

 

解決で提示されるのは地味ながらも地球のすごさを感じさせるもの。正直、もっと効果的に視覚的に美しい解決も可能かと思うけども、柄刀氏は人間に対しても同じくらい愛情を注いでいる。そのため、解決も人に優しい。

 

滅茶苦茶な殺人を扱っていながら、人に優しい。そんな作品