読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

真夜中の探偵 -有栖川有栖

真夜中の探偵 (特別書き下ろし)

真夜中の探偵 (特別書き下ろし)

>>

平世22年―すべての探偵行為が禁止された日本。空閑純は、17歳。両親ともに有名な探偵だが、母の朱鷺子は4年前から行方不明。父の誠は昨年、警察類似行為で逮捕され、収監されている。純は叔父の住む大阪で独り暮らしをはじめる。母の行方の手がかりを探すなか、父母に仕事を仲介していた押井照雅という人物と会える機会が訪れる。1週間後、押井の別宅で水に満たされた木箱に入った溺死体が発見された。被害者は元探偵で“金魚”と呼ばれていた男だった。容疑者リストに入った純は、自ら「水の棺」の謎を解くために調査をはじめる。純は探偵としての一歩を踏み出せるのか。 

<< 

正直なところ、火村シリーズは淡白だし江神シリーズはかなりのクオリティを期待したい。そんな読者(私)の気持ちに応えてくれたのか、やや本格よりで心情を細かく描いた作品がこれ。前日譚があるっぽいけど、知らずにこの作品から読み始めても問題なかった。

 

北海道とそれ以南に分断され、探偵活動が禁止された日本という仮想現実的な状態だけども日常自体は現代日本とそこまで変わらない。その辺りは有栖川氏らしい想像力。決して現実から大きく跳躍しないからリアリティが消え去ることはないし、読んでいて背景が気になってしょうがないこともない。安心感がある。

 

トリックとしては火村シリーズ的サッパリ感のあるものだけども、結構凝っていて面白い。絵的にもハッタリの効く情景だし。あっさりと読ませる新シリーズ。期待できる。

 

表紙もきれいだしね。

 

主人公の純もかわいく、探偵が禁止された日本で探偵を目指す理由、消息不明の母、秘密を抱えた父に母が残した不思議な言葉。シリーズ全体の伏線を張って次回作も期待したくなる。

 

いいよ。