読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

ロング・グッドバイ -レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳

ロング・グッドバイ

ロング・グッドバイ

>>

テリー・レノックスとの最初の出会いは、〈ダンサーズ〉のテラスの外だった。ロールズロイス・シルバー・レイスの車中で、彼は酔いつぶれていた……。

私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた……大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。 

<< 

 

村上訳が初チャンドラー。渋いわぁ。本当に、都会で孤独に生きる人間たちの物語なんだ、と実感する。テリー・レノックスがどうしようもなく 暗いんだけども、その理由と選択を見ると哀しい気持ちになる。一瞬の友情だけを理由にレノックスの後始末をするマーロゥも格好いい。

 

ハードボイルドが男のハーレクイン・ロマンスだというのも分かる。自分もこれくらいかっこよく生きてみたい。で、「さよならは少しだけ死ぬことだ」なんて言ってみたいねぇ。

 

しかし、この「ロング・グッドバイ」の意味を考えると渋い。「さよならを言うことは少しだけ死ぬこと」だとすると「長いさよなら」は永遠の別れか…… レノックスの選択とマーロゥとの別れ。男の友情と別離は格好いいもんですなぁ。結構マーロゥは喧嘩負けしてぼこぼこ何だけども、そこで強がりを言える、筋のいい男になりたいもんだ。

 

確かに名作。