最後から二番目の真実

主にミステリの感想

君の館で惨劇を -獅子宮敏彦

 

 

君の館で惨劇を (本格M.W.S.)

君の館で惨劇を (本格M.W.S.)

>>

 乱歩と正史に挑んだ密室の中で、この館の誰かが死ぬのだ。
歴史ミステリーの気鋭が放つ「本格」への愛をこめた渾身の作!!
セレブから秘密裏に依頼をうけ、難解な事件を解き明かすダーク探偵。ワトソン役として指名された売れない本格作家三神悠也は大富豪・天綬在正の館へ招かれる。ミステリー・マニアが集うその館には黒死卿から脅迫状が届き、乱歩と正史の作品を基にした連続密室殺人事件がおこる。土蔵に転がる血みどろの死体! 宙を舞い、足跡を残さずに消えさる怪人!! 赤い乱歩の密室と白い正史の密室が意味するものは?
ここで採られたスタイルは、実をいえば架空の世界を作り上げ、その世界のシチュエーションの中で不可能犯罪や不可解状況を作り上げ、解き明かしていくという獅子宮版歴史ミステリーと同じ方法論によって作られたスタイルだということもできよう。初の現代ミステリーである『君の館で惨劇を』は、意匠は異なって見えるかもしれないが、まぎれもない獅子宮テイストの作品なのである。(解説:横井司)

<<

  トンデモ歴史ミステリではあれだけ鬼才っぷりを見せてくれた獅子宮氏も現代を舞台に同じ事をするとここまで寒いのか、と思ってしまった。

 

  しかし、冷静に考えると今までの獅子宮氏の作品とは「舞台が現代日本であること」の他に「長編であること」も今回の微妙さに繋がっている気がする。何せ、今まで短編集、あるいは短編をつないだ長編、という形式が多かった氏なので、長編のペース配分が分からなかったのではないだろうか?(そこをフォローするのが編集者の役割な気もする)

 

 今回は乱歩の密室と正史の密室に挑戦しているのだが、事件が起こるまでが長ったらしく、起きたら起きたで結構事件が地味、とイマイチ氏のテンポ良いペースが崩れていたと思う。

 

 

というわけで、氏には是非短編で頑張って欲しい。