読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

サヴァイヴ -近藤史恵

サヴァイヴ

サヴァイヴ

>> 

他人の勝利のために犠牲になる喜びも、常に追われる勝者の絶望も、きっと誰にも理解できない。ペダルをまわし続ける、俺たち以外には―。日本・フランス・ポルトガルを走り抜け、瞬間の駆け引きが交錯する。ゴールの先に、スピードの果てに、彼らは何を失い何を得るのか。

<<

 

サクリファイス、エデンと続くシリーズ3作目。時間は遡って、サクリファイス、エデンに出てきた人物達の活躍が描かれる短編集。

 

 

 自転車を漕いで、漕ぐ人達とそれをサポートする人。夢の舞台に立てないと分かっていても夢見ることを諦められない人達。静かに熱い描写がスポーツ小説としても、ミステリとしても面白く感じさせる。

 

近藤史恵といえば、優しい筆致と静かな語りが特徴だけども、これが自転車レースと良く合っている。面白い。