最後から二番目の真実

主にミステリの感想

密室殺人ゲーム マニアックス -歌野晶午

“頭狂人”“044APD”“aXe”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で日夜行う推理バトル。出題者は自ら殺人を犯しそのトリックを解いてみろ、とチャット上で挑発を繰り返す!ゲームに勝つため、凄惨な手段で人を殺しまくる奴らの命運はいつ尽きる!?

言ってしまえば、今までは「いつかこんな事をやるやつが出てくるかもしれない」だったけど、今回は「こういうことをやるやつがいた、だからこんな小説を書いた」。

ネットを介して殺人を何とも思わないような人間が繋がり、殺人ゲームに興じるのが今までなら、現実に出てきた要素を使って殺人ゲームを作ったのが今回。

Ustreamや人数による網羅的な場所特定、何人もの無償のプロが興味だけで「場」に参加する。こういった現代的な要素をミステリに仕立てるとこうなるのかと、とても面白い。これを生かしていろんなミステリが作れそう。新しい形のトリックを作ったと思う。

実はエポックメイキングな作品だと思う。