最後から二番目の真実

主にミステリの感想

猫柳十一弦の後悔 -北山猛邦

日本で唯一、探偵助手に関する技能と実戦を学べる、大東亜帝国大学・探偵助手学部。そこに通う2年生、君橋君人(クンクン)と月々守(マモル)は、ゼミ希望調査の時期を迎えていた。しかし、2人揃って第1、第2希望のゼミを落ち続け、悪ふざけで出した第3希望のゼミ行きが決定してしまう。そのゼミとは知名度ゼロの『猫柳十一弦ゼミ』。さっそく研究室に向かった2人は少女のような風貌の女性と遭遇した。そう、その人こそ指導教官、探偵・猫柳十一弦(25歳)!
猫柳は「ちゃんとあなたたちの面倒を見ます。わたしに任せてください。立派な探偵助手にしてみせます」と云うのだが、普段の行動を見ているとどうも頼りない。それに探偵としての経歴も不詳で実に怪しい……「この人の下では立派な探偵助手になれないのか?」(涙)とショックを受ける君橋と月々。
そんな弱小ゼミに名門・雪ノ下樹ゼミと合同研修が出来るという朗報が届いた。君橋たちは人生大逆転をめざし、猫柳とともに孤島へ向かう。
ところが合宿初日に事件発生。とても奇怪な姿で絶命した女子学生が発見される。これをきっかけに連続する凶悪事件。嵐のため島外に出られず、本土から助けも来ない状況の中、“功績不明”の猫柳探偵と“経験ゼロ”の大学生たちは殺人事件を止められるのか? 
ストーリーテラーとしてますます磨きがかかってきたメフィスト賞作家・北山猛邦が描く青春ミステリ。圧倒的なリーダビリティと本格ミステリ魂で読み手の心を翻弄します。そしてカバーイラストは大人気イラストレーター・カスヤナガトが担当。北山ミステリの世界観を美しく爽やかなタッチで描き上げました。

詰まるところ、萌えだけでは地味さは隠しきれないし、リアルなはずの思いも説得力を失ってしまう。

孤島の殺人事件、という定番のプラットフォームを使用しながら、そこに「携帯で外へ助けを呼ぶ」という現実的な行動を入れ込む。そうすることで犯人にプレッシャーがかかり新しい化学反応が期待できる。実際、この作品の犯人は外に連絡されることを前提に筋書きを練っていたわけで、この新しい取り組みは上手く効用を引き出せている。

一方でわかりやすい萌えキャラとして仕立てられ、主人公自身もテンプレートのような平凡キャラとして仕立てられているがために、却ってミステリの持つ非現実感が強調されてしまっている。

蛍光塗料で塗られた死体、2手3手先を読まない登場人物。不自然な要素を不自然に強調してしまうのは今までのミステリの文脈では出てこない「マンガ的」な登場人物のためではないか。

さんざん文句を言っているが、正直言えばこの作品は面白いし探偵や助手のキャラも悪くない。10点満点で言えば7,8点は堅いと思う。それだけに筋立てと人物の溶け込みの悪さが気になる。