最後から二番目の真実

主にミステリの感想

キングを探せ -法月綸太郎

奇妙なニックネームで呼び合う4人の男たち。なんの縁もなかった彼らの共通項は“殺意”。どうしても殺したい相手がいる、それだけで結託した彼らは、交換殺人を目論む。誰が誰のターゲットを殺すのか。それを決めるのはたった4枚のカード。粛々と進められる計画に、法月警視と綸太郎のコンビが挑む。(amazonより引用)

一言で言ってしまえば「交換殺人」の一バリエーション。如何にして「キング」を探し出すのか、タイトル、プロローグ、最初に見た瞬間から始まるミスリード。丁寧かつシンプルな筆致ゆえに却ってこの技巧的なトリックの美しさが際立つ。

そもそも交換殺人とは「互いに殺したい相手を交換する」ことで「動機のある人間に鉄壁のアリバイができる」という所が味噌なわけで、探偵法月がどうやって交換殺人である事に気づくのか、そこからして面白い。そういえば交換殺人ってミッシングリング的な面白さもあるんだよね、と改めて気づく。

いや面白いよこれ。