最後から二番目の真実

主にミステリの感想

彼女が追ってくる -石持浅海

〈わたしは、彼女に勝ったはずだ。それなのに、なぜ……〉
中条夏子は、かつての同僚で親友だった黒羽姫乃を刺殺した。
舞台は、旧知の経営者らが集まる「箱根会」の夜。
愛した男の命を奪った女の抹殺は、正当な行為だと信じて。
完璧な証拠隠滅。夏子には捜査から逃れられる自信があった。
さらに、死体の握る“カフスボタン”が疑いを予想外の人物に向けた。
死の直前にとった被害者の行動が呼ぶ、小さな不協和音。
平静を装う夏子を、参加者の一人である碓氷優佳が見つめていた。
やがて浮かぶ、旧友の思いがけない素顔とは……?


<著者のことば>
当然の話かもしれませんが、被害者のことを最も考えているのは、犯人です。
それは、被害者が被害者になる、つまり死んでしまってからも変わりません。
被害者の方にも、生前から犯人への強い思いがあったのなら、それは死してなお変わらないでしょう。
本作では、そんな犯人と被害者との、誰よりも濃い関係を描いてみました。
あなたは、どちらの立場で読まれるでしょうか。(amazonより引用)

碓氷優佳シリーズ3作目。今までと少し違うのは犯人を追い詰めるのが、碓氷だけでなく被害者黒羽でも有ると言うこと。言い方を変えると今まで全ては犯人を追い詰めるための証拠として扱えていたものが、被害者が犯人を追い詰めるために残したのか、犯人が偽の手がかりとして残したのか、に碓氷が悩むと言うことでもある。

と書いたモノの、今回の犯人はあっさりと落ちる。決定的な証拠を突きつけられる前のジャブのような推理でフラフラとなり、最後の証拠(といっても状況証拠レベルでまだいいわけが聞くような証拠)であっさりダウン。物足りない。

緻密なトリックを用意した者と粗があるが柔軟性のあるトリックを用意した者、という形でも読める作品だが、何とも不完全燃焼だったのは、あっさり犯人が落ちてしまうこと。でも犯人からすれば目的は達せられたわけでもう諦めてもいい物かもしれんね。

意外にあっさり。