最後から二番目の真実

主にミステリの感想

悪魔のラビリンス -二階堂黎人

人間消失の謎を女探偵が鮮やかに斬る
完全な密室状態の寝台特急で女の惨殺死体が発見された。走行中の列車から消えた魔術師が疑われたが、杳(よう)として行方は知れない。警察の捜査が混迷を極める中、魔王ラビリンスを名乗る人物から名探偵・二階堂蘭子に挑戦状が届いた。三度(みたび)起こる驚愕の事件。犯人の目的とは。魅惑的な謎に満ちた傑作本格推理小説!(amazonより引用)

久しぶりの二階堂作品。いつ読んでも惚れ惚れする大時代的な言い回し、いくら何でも誇張が過ぎる表現。全体的に状況やトリックのおかしさを更なる大げさな表現で隠しているかのような書き方!

とはいえ、冷静に考えるとどこか乱歩的な、横溝的因習深い雰囲気、跋扈する怪人。こういった要素をもつ作品を書いてくれる人って本当少ない。二階堂氏と芦辺拓氏くらいでしょう。

そういった希少性もこの作品を評価する際は必要かもね、と思いつつも実際トリックがどこか小粒であったり、怪人ラビリンスが自らの野望を成就しようとする割にはゆったりと活動していたり気になる部分がある。

いやトリックの方向性や雰囲気は好きなんですけどね。