最後から二番目の真実

主にミステリの感想

高原のフーダニット -有栖川有栖

 

高原のフーダニット

高原のフーダニット

>>

「分身のような双子の弟を殺しました」臨床犯罪学者・火村英生に、電話の男は突然告白した。そして翌日、死体は発見された。弟に加え兄の撲殺体までも……。透徹した論理で犯人を暴く表題作はじめ、推理作家・有栖川有栖の夜ごとの怪夢を描く異色作「ミステリ夢十夜」、神話のふるさと淡路島で火村を待ち受ける奇天烈な金満家殺人事件「オノコロ島ラプソディ」。絶品有栖川ミステリ全3編。 

<<

 

 ぶっちゃけ、火村ものって薄味なわけです。けど、たまに良い味のするものもある、そういうことです。

 

・高原のフーダニット

いつもの火村もの、ただしちょっと味付けが濃いめ。自分としては結構楽しめました。どこか「スイス時計の謎」を思わせる論理の切れ味がある。

 

・ミステリ夢十夜

まぁファン向けの短編だよね。処理に困ったネタの一大処分場か。処分場という言葉は悪いけど作家のアイデアの原型のようなものだと思えば悪くはないよ。実際。

 

・オノコロ島ラプソディ

一番の佳作。おいおいこの落ちは火村もののノリじゃないぞ、と思うも結構楽しい。

 

最近の有栖川氏は良いね。