最後から二番目の真実

主にミステリの感想

折れた竜骨 -米澤穂信

 

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)

>>

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。
自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、「走狗(ミニオン)」候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年――そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ? 魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?
 現在最も注目を集める俊英が新境地に挑んだ、魔術と剣と謎解きの巨編登場! 

<<

毎回思うわけですが、米澤ミステリにミステリって必要なんだろうか?ミステリ的な謎と解決はきちんと存在し、それぞれは至って普通だったり魅力的なものだったりする。

 

で、読んでみると別に面白くない。有るべきものが有るところに収まるだけで、クロスワードパズルの解答を見ているような「あ、そうなのね。そんなもんですよね」といった予想内の驚きなのでまぁテンション上がらない。

 

今回であれば、暗殺騎士や「走狗」の設定は魅力的で話を大きく膨らませられる予感がある。しかし実体は暗殺騎士はほとんど出番がなく、「走狗」はミステリ的な予想からするすると特定可能。起きることが起きているだけでファンタジー的にもどうなんでしょう?

 

最後の決戦では、三銃士なんかの子供の頃読んだ西洋活劇ものを読んでいるようで面白かったですが、デーン人の設定なんかはもっと掘り下げても良い気がするんだよなぁ。面白いじゃん、設定が。

 

なぜ、一つ一つを掘り下げないのか?残念