読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

特捜部Q 檻の中の女 -ユッシ・エーズラ・オールスン 吉田奈保子訳

  

特捜部Q―檻の中の女― (ハヤカワ・ミステリ文庫)

特捜部Q―檻の中の女― (ハヤカワ・ミステリ文庫)

>>

捜査への情熱をすっかり失っていたコペンハーゲン警察のはみ出し刑事カール・マークは新設部署の統率を命じられた。とはいっても、オフィスは窓もない地下室、部下はシリア系の変人アサドの一人だけだったが。未解決の重大事件を専門に扱う「特捜部Q」は、こうして誕生した。まずは自殺と片付けられていた女性議員失踪事件の再調査に着手したが、次々と驚きの新事実が明らかに!

<<

 

 デンマークの作家による、過去の迷宮入り事件を扱うシリーズ「特捜部Q」の第1作。タイトルはダサいというか、あまりセンスある感じはしませんが、内容は非常に面白い。

 

まず迷宮入り事件を捜査する部署、という非合理さを納得させる理由作りが上手い。迷宮入り事件を専門に当たらせるために、たった2人しか配置しないおかしさを上手く言い訳している。この辺り、外国小説は日本の小説以上に設定上手だね。

 

事件は船から忽然と姿を消したミレーデがどこかに幽閉されている描写(2002年から)と2007年のカールの描写とが交互に書かれ、カールがミレーデを生きて発見できるかが読みどころ。タフなミレーデにエールを送りたくなる。

 

カールと助手のアサドの掛け合いも面白く、露骨に秘密があるアサドの正体も楽しみ。

 

 

おすすめの一冊。