最後から二番目の真実

主にミステリの感想

江神二郎の洞察 -有栖川有栖

江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)

江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)

その人の落とした『虚無への供物』が、英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだった―。大学に入学した一九八八年四月、アリスは、江神二郎との偶然の出会いからEMCに入部する。江神、望月、織田とおなじみの面々が遭遇した奇妙な出来事の数々。望月の下宿でのノート盗難事件を描く「瑠璃荘事件」をはじめ、アリスと江神の大晦日の一夜を活写する「除夜を歩く」など、全九編収録。昭和から平成への転換期を背景に、アリスの入学からマリアの入部までの一年を瑞々しく描いた、ファン必携のシリーズ初短編集。

 

学生アリスシリーズの、今は読むことも困難な短編を集めた一冊。質の善し悪しは正直このシリーズで言いたくない。出てくれただけでありがたい。というのが読む前の気持ち。

 

とはいえ、「焼けた線路の上の死体」なんかが有るわけで面白くないわけがない。書き下ろしの「除夜を歩く」などは今の有栖川氏らしい書き方だけど、それが却って良いアクセントになっている。

 

もはやファンしか読まんとは思うけど、でもこの一冊から読んだって良いと思う。