読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

玩具店の英雄 座間味くんの推理 -石持浅海

 

玩具店の英雄 座間味くんの推理

玩具店の英雄 座間味くんの推理

 

 科学警察研究所の職員・津久井操は、事件を未然に防げるかどうか、の「分かれ目」について研究をしている。難題を前に行き詰まった操が、大学の大先輩でもある大迫警視正にこぼすと、ひとりの民間人を紹介された。「警察官の愚痴を聞かせたら日本一」と紹介された彼は、あの『月の扉』事件で活躍した“座間味くん”だった―。

 石持氏といえばあまりシリーズキャラを持たない作家だが、今作に出てくる「座間味くん」は「月の扉」以来ちょくちょく出てくるキャラ。

 

「月の扉」が作者の評価を決定づけ、人気作家になったのだから感慨もひとしおのキャラなんだろう。今回も色々な事件の様相を推理でガラッと変えてしまう。どう読んでも楽しい。「事件を未然に防げるかの分かれ目」を研究する、なんてのは企業に一個はある良くわからないざっくりとした研究っぽくて面白い。

 

全体に事件は地味目なんだよね。表紙の模様が逆転したグラスなんかは内容を上手く表しているけど、どこまでも地味。

 

まぁさらっと読めると言えばそうだしね。