最後から二番目の真実

主にミステリの感想

体育館の殺人 -青崎有吾

 

体育館の殺人

体育館の殺人

 

 

放課後の旧体育館で、放送部部長が何者かに刺殺された。外は激しい雨が降り、現場の舞台袖は密室状態だった!?現場近くにいた唯一の人物、女子卓球部の部長のみに犯行は可能だと、警察は言うのだが…。死体発見現場にいあわせた卓球部員・柚乃は、嫌疑をかけられた部長のため、学内随一の天才・裏染天馬に真相の解明を頼んだ。なぜか校内で暮らしているという、アニメオタクの駄目人間に―。エラリー・クイーンを彷彿とさせる論理展開+抜群のリーダビリティで贈る、新たな本格ミステリの登場。若き俊英が描く、長編学園ミステリ。 

 うーん、ここ数年で一番ミステリ的に真っ当な新人。体育館を密室状態にして、それを論理の一点突破で解決させる。正面からミステリに取り組んだのが伝わってくる。

 

で、そんな良い感じのミステリなので周辺が気になってくる。探偵役のキャラクターや話の筋、状況の現実らしさ…

 

探偵のオタク趣味はまぁよしとして、部室にすんでいるのもよしとして、これらの要素が物語と特に絡まないのが微妙だなぁ。やっぱりなぜ、変わった設定なのかって所に気を配って欲しかったかな。

 

話の筋はおおむね破綻無くまとまっている。容疑者の数を減らすために、授業が早く終わった事を使っていたり。生徒会や放送部の処理も現実らしさが出ていて良いかと。

 

状況作りもありがちな学校の出来事を使っているのでまぁ問題ない。リヤカーがつっかえるのは結構大胆だけどかえって本物らしいよね。高校生なんだから無理矢理通そうとするのはらしい。

 

なかなか将来有望な新人が出てきた。