最後から二番目の真実

主にミステリの感想

生者と死者 -泡坂妻夫

 

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)

 

 はじめに袋とじのまま、短編小説の「消える短編小説」をお読みください。そのあと各ページを切り開くと、驚くべきことが起こります―。そして謎の超能力者と怪しい奇術師、次次にトリックを見破るヨギガンジーが入り乱れる長編ミステリー「生者と死者」が姿を現すのです。史上初、前代未聞驚愕の仕掛け本。

  袋とじのまま読むと、不思議な男性とバーの女性店長とのごく短い期間起こった夢のような恋、といった感じだが、袋を開けるとヨギ・ガンジーの食えない性格と油っぽい中年男性がメインに出てくるどこか泥くさいお話に大変身。

 

 短編、長編どちらも成立させようとして、それぞれどうしても無理のある文がある。けれどもここは泡坂氏の超絶技巧に敬意を表し、きっちり感心するのが読者のあるべき姿勢。と素直にびっくりしましょう。2度読みましょう。

 

 復刊してくれて本当にありがとう。2冊買いました。