読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

リバーサイド・チルドレン -梓崎優

 

 カンボジアの地を彷徨う日本人少年は、現地のストリートチルドレンに拾われた。「迷惑はな、かけるものなんだよ」過酷な環境下でも、そこには仲間がいて、笑いがあり、信頼があった。しかし、あまりにもささやかな安息は、ある朝突然破られる―。彼らを襲う、動機不明の連続殺人。少年が苦難の果てに辿り着いた、胸を抉る真相とは?激賞を浴びた『叫びと祈り』から三年、俊英がカンボジアを舞台に贈る鎮魂と再生の書。

  カンボジアでストリートチルドレンとなった主人公。親に売り飛ばされそうになり、逃走し、結果的にストリートチルドレンになるわけだが、ありえないと言い切れないフィクションとノンフィクションの間のような設定に感心する。

 

 ストリートチルドレンの子供達の間で殺人事件が発生するが、警察は彼らを人としてみていないので、捜査はおろか逆に射殺してしまってもおかしくない、という理由付けがまた悲しい。ゴミ捨て場を歩いてまわり、不衛生な中拾い集めたゴミ屑をせっせと歩いて売りに行く。何をするにしても「歩き」が基本となる中で、歩けない青年にも優しく接する主人公達がまた泣かせてくれる。

 

 最終的に明らかになる犯人は、人であることを証明するために殺していたことが明らかになるわけだけども、普通いくら何でもそんな理由で人は殺さないだろう、と思う。けれども、生まれてからこれまで人としての扱いを受けてこなかった少年が人を殺す理由の重さを知っているわけがないとも思うと、余計に悲しい。

 

最後に晴れる雨が救いを与えてくれるけども、私は主人公達が今後も強く生きていってくれるのか、彼らにこそ救いがあって欲しいと思う。良作。