読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

凍雨 -大倉崇裕

 

凍雨

凍雨

 

 福島県北部に位置する単独峰、嶺雲岳。この山を十二年ぶりに訪れた深江信二郎は、亡き親友である植村の妻真弓と、遺児佳子の母娘の姿を見た。一方、無頼の男たちを束ねる遠藤達也も入山し、謎の中国人組織と銃撃戦を開始した。深江と母娘は、その争いに巻き込まれてしまう。山が血で染まっていく……。彼らの正体は? そして、深江と母娘の過去の因縁とは? 気鋭が山岳アクション小説に新境地を拓いた! 帯推薦文は今野敏氏。

 まぁミステリーというよりは、冒険モノ、ハードボイルドの類いになる作品。主人公が余りに強すぎて敵である中国人組織がかわいそうになるレベル。

 

主人公が真弓に対する複雑な気持ち、友人である植村への贖罪の気持ちなどが入り混じってびっくりするほどクレバーな人格になっているのは納得するが、いくら何でも強くない?強すぎない?

 

こういうモノだと思って楽しみましょう。