読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

星籠の海 -島田荘司

 

星籠の海 上

星籠の海 上

 

 

星籠の海 下

星籠の海 下

 

 瀬戸内海、松山沖に浮かぶ興居島の湾に、連続して死体が流れ着く―奇妙な事件の調査を依頼された御手洗潔は、石岡和己とともに瀬戸内へ。解決への鍵を求めて訪れた場所は、古代より栄えた「潮待ちの港」、鞆の町を擁する広島県福山市だった。しかし、御手洗たちの到着直後に発生した死体遺棄事件にはじまり、鞆もまた不穏な気配を漂わせていた。これは瀬戸内を揺るがす一大事の兆しなのか!?古からの港町に拡がる不穏な団体の影―怪事件の続く「時計仕掛けの海」に、御手洗潔が挑む!圧倒的な面白さ!ミステリー界の最先端に立つ巨匠が放つ渾身の一撃!

星籠、という言葉は中々出てこない、強調されるのは「時計仕掛けの海」。御手洗潔がまだまだ元気に日本中を駆け回っている時代、と言うことで中期の「アトポス」や「水晶のピラミッド」のような話立てで、雰囲気は「斜め屋敷」や「御手洗潔の挨拶」のような感じか。

 

御手洗の超絶推理や妖しげな集団、といったお膳立ては文句なし。傷つく少年とそれを励ます一見情けないおっさん、というスタイルは殆ど強制的に感動させられる。

 

なんとなく連想したのはジブリの「崖の上のポニョ」のような世界観なんだけど、実際はもっと島田荘司的だった。エゴとそれに巻き込まれる人、それを救い出そうとする異邦の騎士。

 

いつも通りと言えばネガティブだけど面白い1冊