最後から二番目の真実

主にミステリの感想

ネルーダ事件 -ロベルト・アンプエロ 宮崎真紀 訳

 

ネルーダ事件 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ネルーダ事件 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 

 南米チリで探偵をしているカジェタノはカフェで、この稼業を始めるきっかけとなった事件を思い出していた。それは1973年、アジェンデ大統領の樹立した社会主義政権が崩壊の危機を迎えていた時のことだった。キューバからチリにやって来たカジェタノは、革命の指導者でノーベル賞を受賞した国民的詩人ネルーダと出会い、ある医師を捜してほしいと依頼される。彼は捜索を始めるが、ネルーダの依頼には別の目的が隠されていた。メキシコ、キューバ、東ドイツ、ボリビアへと続く波瀾の調査行。チリの人気作家が放つ話題作。

 どうやら本作は、シリーズの何作目かを翻訳したモノらしい。そのためどこか説明不足なキャラがいて、最初はなかなかノれない。しかし、本格的にカジェタノの回想が始まるとスピード感が出てくる。

 

レジスタンスに入り、メキシコ、キューバ、と移動し、ついに東ドイツまで行く。医師を追う中でネルーダの思惑も見えてきて……とハードボイルドな展開。

 

しかし、カジェタノは私たちが想像する男前でタフでキザな私立探偵ではない。仕方なく探偵を始める、無職のおっさんなワケで、読んでいて親近感が湧くタイプ。そのため、ネルーダの思惑が見えてきても、どうすべきか悩むのでその辺りも面白い。

 

良作