最後から二番目の真実

主にミステリの感想

スタイルズ荘の怪事件 -アガサ・クリスティ  矢沢聖子訳

 

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 旧友の招きでスタイルズ荘を訪れたヘイスティングズは、到着早早事件に巻き込まれた。屋敷の女主人が毒殺されたのだ。難事件調査に乗り出したのは、ヘイスティングズの親友で、ベルギーから亡命して間もない、エルキュール・ポアロだった。不朽の名探偵の出発点となった著者の記念すべきデビュー作が新訳で登場。

  読んでいなかった名作を読んでみようと思い立った。とりあえずはこの一冊。

 

まずは、ポアロが後々ほど大きな態度ではなく、もったいぶった紳士、と言う程度なのが新鮮。一方で、後の作品と同じように真相を話そうとしなかったり、推理の仕方は同じだったり、この辺りで結構面白い。

 

事件は、毒殺された女性、その周囲には怪しい状況があって…… という感じで非常にシンプル。他のクリスティ作品同様凝りすぎないところが問題をハッキリさせてくれて面白い。

 

読んで良かった。