最後から二番目の真実

主にミステリの感想

はやく名探偵になりたい -東川篤哉

 

はやく名探偵になりたい (光文社文庫)

はやく名探偵になりたい (光文社文庫)

 

 人をイラつかせる無神経な言動と、いいかげんに展開する華麗な(?)推理。鵜飼杜夫は、烏賊川市でも知る人ぞ知る自称「街いちばんの探偵」だ。身体だけは丈夫な助手の戸村流平とともに、奇妙奇天烈な事件解決へと、愛車ルノーを走らせる。ふんだんに詰め込まれたギャグと、あっと驚く謎解きの数々。読めば読むほどクセになる「烏賊川市シリーズ」初の短編集。

 一言で言えば、いつもの東川作品。ギャグ+脱力系トリックの合わせ技を、短編ならではの短さでポンポンと楽しめる。

 

一風変わった「宝石泥棒と母の悲しみ」ではちょっとしんみりして涙を目にためるけども、まぁだいたいはいつも通り。表紙の絵も変わったころは違和感があったけども、慣れればこっちの方がいいような感じ。

 

いつも通りですわ。