最後から二番目の真実

主にミステリの感想

ウッドストック行き最終バス -コリン・デクスター 大庭忠男訳

 

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ウッドストック行最終バス (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 夕闇のせまるオックスフォード。なかなか来ないウッドストック行きのバスにしびれを切らして、二人の娘がヒッチハイクを始めた。「明日の朝には笑い話になるわ」と言いながら。―その晩、ウッドストツクの酒場の中庭で、ヒッチハイクをした娘の一人が死体となって発見された。もう一人の娘はどこに消えたのか、なぜ乗名り出ないのか?次々と生じる謎にとりくむテレズ・バレイ警察のモース主任警部の推理が導き出した解答とは…。魅力的な謎、天才肌の探偵、論理のアクロバットが華麗な謎解きの世界を構築する、現代本格ミステリの最高傑作。

  デクスターの代表作と言って良いほどの傑作。積み重なるロジック、後から後から出てきてロジックをひっくり返す証拠に証言。幾重にも積層されていくロジックは本格ミステリ好きなら誰だって楽しめる。

 

 ミステリの本質的な楽しみはロジックのアクロバットだと思う。しかし、ロジックというものは本来、きちんと手続きを踏んでいけばたどり着けるものなので、それをアクロバットさせるのは並大抵の事ではない。しかし、東川篤也氏のようにいくつものギャグや、ひっくり返された証拠を利用するのであれば可能かもしれない。

 

 デクスターが本作で行っているのは証拠を多重で読み解くこと。最初のロジックで使われた証拠が、別の証拠の登場によって無意味になり、更なる証拠の登場で再び意味を取り戻す。こういったある種幻惑的な証拠の取り扱いがこの作品を傑作たらしめている。

 

 モース警部の皮肉も楽しいが、それ以上に証拠の取り扱いにこそ気をつけて読んでいただきたい傑作。