最後から二番目の真実

主にミステリの感想

二度のお別れ -黒川博行

 

二度のお別れ (創元推理文庫)

二度のお別れ (創元推理文庫)

 

 四月一日午前十一時半、三協銀行新大阪支店に強盗が侵入。四百万円を奪い、客の一人をピストルで撃った後、彼を人質にして逃走した。大阪府警捜査一課は即刻捜査を開始するが、強奪金額に不服な犯人は人質の身代金として一億円を要求、かくして犯人と捜査陣の知恵比べが始まる。トリッキーかつ軽妙な会話が魅力の“大阪府警捜査一課”連作第一弾、著者の記念すべきデビュー作。

 読んでたこと、忘れてたんですよね。

二度のお別れ -黒川博行 - 最後から二番目の真実

 

で、二度読んだ感想としては、やっぱり良く出来ている。軽妙な大阪弁に公衆電話を使ったトリッキーな動き。口だけの上司に、主人公が職人気質でなんとかするのは今も昔も変わらないなと、嘆息。

 

そういった感想を持って、やっぱり面白い。表紙のマンホールに三輪車。あまりに苦い結末を知った後に見返すと、胸が苦しくなる。どんなトリックを駆使して犯行を成功させても、その後の人生まで上手くやり通せるわけではない。当たり前だけどもやるせない事実が、この作品を上手く時代の波に取り残させないポイントにしていると思う。

 

まぁ、良い作品ですわ。