読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後から二番目の真実

主にミステリの感想

テニスコートの殺人 -ジョン・ディクスン・カー 三角和代訳

 

テニスコートの殺人【新訳版】 (創元推理文庫)

テニスコートの殺人【新訳版】 (創元推理文庫)

 

 雨上がりのテニスコート、中央付近で仰向けに倒れた絞殺死体。足跡は被害者のものと、殺された男の婚約者ブレンダが死体まで往復したものだけ。だが彼女は断じて殺していないという。では殺人者は、走り幅跳びの世界記録並みに跳躍したのだろうか?“奇跡の”殺人に挑むのは、名探偵フェル博士。驚天動地のトリックが炸裂する巨匠の逸品!

 先に言うと、トリックそのものは結構オーソドックス。現代からするとシンプルすぎて捨てトリックにされるほどだと思う。しかし、それを前提に読むと、犯人がとても実行できないように見えてくる。そこで、殺人前後の描写を何度も読み込むことで描写の穴に気が付き事件の全容が見えてくる、とてもエキサイティングな体験ができる。

 

ヒューとブレンダが足跡のない殺人を「足跡のある殺人」に変えようとしたり、変な三角関係が出てきたり、と倒叙物のようにハラハラできる。こういったプロットが良く出来ている点がまだまだカーを読む理由になるだろう。