最後から二番目の真実

主にミステリの感想

そして扉が閉ざされた -岡島二人

 

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

 

富豪の若き1人娘が不審な事故で死亡して3カ月、彼女の遊び仲間だった男女4人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた!なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?4人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。 

 扉が閉ざされた状態で、おそらく閉じ込められた原因となる事故を思い出し、事故死の犯人を捜す、という少し変わった物語。

 

先に弱点から書くと、閉じ込められた状態のため確定した事が分からないにも関わらず、比較的簡単に閉じ込められている理由や閉じ込めた犯人を決めつけていること、最終的なオチが少々弱く、閉じ込められたサスペンスもそれほど強くない。

 

 

しかし、この作品の肝は「4人とも犯人ではない」と言うところ。そうでもなければ、さすがにあの極限状況で「私は犯人ではない」と言い切る事が不自然。一方で全員が何らかの形で怪しい行動をとっていないと早々に事故死と決めつけられてしまう。この絶妙なさじ加減がこの作品のスピード感を生んでいる。一つ一つの手がかりが出てくるタイミングや、脱出を探るタイミングの自然さなどは岡島氏らしい丁寧さ。

 

名作は時を超えて残ることを教えてくれる一冊。おすすめ