最後から二番目の真実

主にミステリの感想

戦場のコックたち ‐深緑野分

 

戦場のコックたち (創元推理文庫)

戦場のコックたち (創元推理文庫)

 

 合衆国陸軍の特技兵、19歳のティムはノルマンディー降下作戦で初陣を果たす。軍隊では軽んじられがちなコックの仕事は、戦闘に参加しながら炊事をこなすというハードなものだった。個性豊かな仲間たちと支え合いながら、ティムは戦地で見つけたささやかな謎を解き明かすことを心の慰めとするが。戦場という非日常における「日常の謎」を描き読書人の絶賛を浴びた著者の初長編。

 第2次世界大戦中の戦場で起きる「謎」を解いていく体裁で物語はつづられる。しかし、同時に「戦争中に謎を解いてどうなるのか」という当然の疑問も語られていく。戦争と謎解きという、混沌と秩序の両極端のような組み合わせが戦争の無慈悲さを描き出していく様は本当に素晴らしい。

 

登場人物が、それも重要な人物が、あっさりと戦死し、精神を病み、ケガにより後方へ送られる。物語から消えていく人物たちに共通点はなく、ただ単に偶然によって死神に連れられて行くようにいなくなっていく。戦場の謎はそれらを忘れさせてくれる不思議な薬のように感じられた。

 

最後、同窓会のように集まる友人たちさえ運命のように別れがあり、どこまでも運命の川に流されていく姿が描かれていくが、それが却って爽やかで救いを感じられるのがとても良い。戦場と平和で偶然に翻弄されるのは変わらないのに、感じ方は大きな差があって幸せって難しいもんだなぁ、と考えてしまうのも楽しい。そんな一冊。